若くてもシミは出来る!治すために何をしたらいい?

2019年11月01日

年齢とともにお肌のトラブルとしてシミが気になるものです。しかし体質にもよりますしターンオーバーの機能が低下してしまったり、紫外線を浴びる機会が多ければ20代でもシミはできてしまいます。後遺症の無い治し方としてお勧めなのが、まずレーザーです。

レーザーは医療機関では様々な治療に使われていますし、脱毛の分野でも活躍しています。レーザーは美容業界でも若返りのためにコラーゲン生成が出来たり、シミを薄くしたり除去すると言った治し方で使われていることでも注目です。

まずシミが出来るメカニズムからみてみますと、紫外線が大きな原因となっています。もちろんその前の段階で、コラーゲン生成が減少して肌が乾燥状態になるとバリア機能が低下します。バリア機能の低下で紫外線などの肌ダメージを受けやすい状態になったことで、美白化粧品を使っていてもメラノサイトが刺激されますと身体の防御作用としてメラニン色素が分泌されます。

このメラニン色素は通常ターンオーバーというお肌の新陳代謝によって、新しい皮膚に生まれ変わり排出されていくのですが、その機能が低下してタイミングが遅くなっていく事で色素沈着が起こりメラニン色素もどんどん濃くなっていくのです。一度出来てしまったシミは、美白化粧品を使ってもなかなか除去することは難しいです。

20代の方でも保湿や美白ケアを行っている方は多いですが、アルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体と言った美白効果のある成分が配合されている化粧品を使うことでメラニン色素の生成量を抑えることができます。日焼け止めを使うことで紫外線カットと言ったことも可能です。それでもターンオーバーが乱れたり、予防以上の紫外線を浴びてしまえば20代でもシミはできてしまうのです。

レーザー治療は治療後にいじったりしなければ後遺症になることもあまりありませんし、比較的安心して受ける事が出来る治療法です。痛いと感じる事も有るかもしれませんが、Qスイッチルビーレーザーなどのマシンですと、スポット的に照射していきますし短時間の照射ですので痛いと感じるのはほんの一瞬です。フラッシュのように顔全体に照射をしていく方が痛みを感じるかもしれません。

費用に関しては、美容目的の場合には健康保険が適用されないので、それぞれの美容皮膚科や美容外科クリニックで設定されている価格が異なります。ばらつきも有りますが、マシンの種類も違いますし、相場をチェックして比較して受診すると良いでしょう。

費用が安ければ良いということではありませんし、自分の症状に有ったレーザーの施術が受けられるクリニック、またカウンセリングも丁寧にしてくれる所を選ぶのがお勧めです。一応費用相場としては、Qスイッチルビーレーザーで1センチ四方で1万円から2万円程度です。1回で効果があると言われている強力なYAGレーザーは、1センチ四方で3万円から4万円ほどです。ケミカルピーリングよりも即効性がありますので、効果を早く感じたい方に人気があります。